airview.jp

★月刊「航空情報」について

1952年、日本の航空業界の再開に先立ち、株式会社酣燈社により、1951年10月に創刊。
以後航空関係の第一線で雑誌、本誌を中心にムック、増刊も発行されてきた。
「航空情報」は最新刊2015年9月号で増刊号を含め第844号を数える。
2014年より、発行・発売を株式会社せきれい社に移管した。


世界航空機年鑑 2015~2016年

世界航空機年鑑 2015~2016年


現用の航空機を軍用機、民間機、ヘリコプター、UAVに分類し、写真、図面を使い詳細に解説。巻頭には「2016年航空界の展望」


本体価格6,400円


ご購入はこちら

新刊情報

航空情報

2016年10月号
本体価格1,297円

特集
航空の最先端技術 
次世代自動飛行制御システム研究開発 
エアバス社、3-Dプリンターによる機体製造 
航空の最先端技術 
テスラ事故に思い出す かつてのハイテク機事故。自動化論 
新型爆撃機B-21を探る

特集
ファンボロー国際航空ショウ 
FIA2016 飛行展示ダイジェスト 
BELL V-280 VALORモックアップ展示 
KC-390 ファンボローにてデビュー
ボンバルディア CS100体験搭乗
ファンボロー2016の印象 
FIA2016 トピックス
SJAC ファンボロー2016

美ら海の防人 海上自衛隊 那覇航空基地 第5航空群 
モンゴル航空創立60周年を祝う 
ベルギー エアフォースデー開催 
ソーラー・インパルス2 世界一周達成
SKYTRAX ワールド・エアライン・アワード2016を発表
ボンバルデイアCシリーズ 記者会見
絵で見る航空自衛隊機 F-15J戦闘機と利尻山&礼文島 
急患搬送や巡回診療に最適なピラタスPC-6の日本国内デモ
青森県防災ヘリコプター2代目「しらかみ」(JA16AM)の就航式
続々とパイロットが誕生するアルファーアビエィション
三愛石油 羽田空港ハイドラントシステム
観光とセットで訪れたいマカオ国際空港 
Scoot 新規路線就航で成田-シンガポール便がダブルデイリーに
調布飛行場の小型機墜落事故から1年 現状と安全利用への提言 
進む空港民営化「富士山静岡空港シンポジウム」開催
航空大学校の次期訓練機がシーラスSR22に決定

AIR VIEWPOINT

第29回 札幌航空ページェント 
ヘリコプターフェスティバルinTATEYAMA 2016 
航空自衛隊 千歳基地航空祭 北野道夫
AIRDO ベア・ドゥ北海道ジェット就航 

連載

GLORIOUS WINGS(3)
Aerial Biography(8) Stanley Hooker(2) 
My Favorite Jet Fighter ソコ G-4 スーパー・ガレブ 
F-35は今! 
最上位機はこうすれば創れる! Part24 
天空の羅針盤 ANAの独壇場になる羽田-ニューヨーク線 
谷川一巳の空旅日記 イギリスのEU離脱で思うこと  
晴天乱流 迅速な事故調査の重要性 
自衛隊現用名機列伝(27)マクダネル ダグラス F-15J/DJ
ジェットエンジン解体新書(7)ファン・圧縮機の空気力学
コクピットボイス・レコーダー(49)マイクロバーストの脅威(2) 
さとみ健一の「ヒコーキ模型つくってます」 トランぺッター 1/72
Su-33UBフランカーD 
航空機登録リスト 
Aviation Photo from Readers
NEW MODEL REPORT
AR.TRANSPONDER

航空情報増刊

★訂正とお詫び

「世界航空機年鑑2015-2016」において、次のような誤りがありました。 お詫びして、訂正致します。

  • P62 F-16の写真がF-15Eになっていました。
  • P64 F-22の写真がF-35になっていました。
  • P74 F-2の図面がバルカン砲1門なのに、2門描かれていました。
  • P93 Su-24の写真がMiG-31になっていました。
  • P106 P106 ツポレフTu95/-142
    右段最後の行「日本を含めた」で文章が切れていました。正しくは「日本を含めた各国で領空侵犯機として確認されている」となります。
  • P134 C-130Jの写真がC130Hになっていました。

正しい写真はこちらからダウンロードしてください。