airview.jp

★月刊「航空情報」について

1952年、日本の航空業界の再開に先立ち、株式会社酣燈社により、1951年10月に創刊。
以後航空関係の第一線で雑誌、本誌を中心にムック、増刊も発行されてきた。
「航空情報」は最新刊2015年9月号で増刊号を含め第844号を数える。
2014年より、発行・発売を株式会社せきれい社に移管した。


世界航空機年鑑 2016~2017年

世界航空機年鑑 2016~2017年


「飛んでいる航空機」を軍用機、民間機、ヘリコプター、UAVに分類し、写真、図面を使い詳細に解説。巻頭には「2017年航空界の展望」を収録


本体価格6,400円


ご購入はこちら

新刊情報

航空情報

2017年12月号
本体価格1,296円

特集 F-2を再考する
航空自衛隊築城基地 第8航空団

F-2の開発
F-2の開発経緯とその魅力 設計、開発担当者に聞く
広範囲におよぶF-2の任務
F-2運用部隊と任務の変遷
F-2 の通信・航法・識別装置
F-2のレーダーと誘導爆弾
F-2戦闘機のエンジン F110-IHI-129
F-2能力向上機
東日本大震災における 被災機のその後
F-2とF-16の比較

特集 今、JALに注目!
初便レポート 成田-メルボルン線 
JALの翼でハワイ島へ直行!
JALとハワイアン航空が 包括的業務提携に合意 
ニノイ・アキノ国際空港 JALサクララウンジ リニューアルオープン 
さらなるバリアフリー化を目指す JALの“木製車いす”が登場 

特別企画 ビジネスジェットを追求する ダッソー・ファルコンの現在 後編
國軍106年 國防知性之旅-花蓮空軍基地營區開放
インターナショナル サンニコルエアショウ
八戸航空基地開隊60周年記念行事
JAC/ATR42-600搭乗機
ワールドエアライン搭乗記 VOLOTEA
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン メディア・ブリーフィング開催
ボーイング記者会見 737MAXとアジアのLCCの動向
ジェットスター・ジャパン 事業説明会を開催
Scoot 2017年12月にホノルル線開設
Breitling Sionエアショウ
三沢基地航空祭2017
横田基地 日米友好祭 2017 
SM-6をBMDには不使用
ドクターヘリ事業 平成28年度(2016年度)集計結果
Peach Aviation井上慎一社長インタビュー

連載

旅客機を飛ばす話(4)飛行機に作用する4つの力
題名のないロケット講座(4)軌道の話(その3)
Aerial Biography(18)ドナルド・ウィルズ・ダグラス(2)
My Favorite Jet Fighter ヒンドスタン(HAL)HJT-16 キラン
GLORIOUS WINGS(17)
戦時下航空機の生産と技術 航空機エンジニア 渡辺進の証言(23) 
F-35は今
天空の羅針盤 激動する順位 世界のエアライン輸送実績
シカマアキの空旅日記 シンガポール・チャンギ空港は 世界最高のターミナル
晴天乱流 小型機のフライト・レコーダー実証実験へ
自衛隊現用名機列伝(41)川崎 C-2
ジェットエンジン解体新書(21)エンジンの特性を表すバイパス比と比推力
さとみ健一の「ヒコーキ模型つくってます」イタレリ 1/72ロッキードF-104A/C
スターファイター

Aviation Photo from Readers
航空機登録リスト
NEW MODEL REVIEW
AR.TRANSPONDER

航空情報増刊

★訂正とお詫び

「世界航空機年鑑2015-2016」において、次のような誤りがありました。 お詫びして、訂正致します。

  • P62 F-16の写真がF-15Eになっていました。
  • P64 F-22の写真がF-35になっていました。
  • P74 F-2の図面がバルカン砲1門なのに、2門描かれていました。
  • P93 Su-24の写真がMiG-31になっていました。
  • P106 P106 ツポレフTu95/-142
    右段最後の行「日本を含めた」で文章が切れていました。正しくは「日本を含めた各国で領空侵犯機として確認されている」となります。
  • P134 C-130Jの写真がC130Hになっていました。

正しい写真はこちらからダウンロードしてください。